今更私が力説するほどのことでもないかもしれませんが、飛行機や新幹線と比べた高速バスのメリットは、単純に交通費が安いということだけではありません。
単純な交通費を比較した場合に、例えば東京大坂間の高速バスは飛行機や新幹線で移動した時の半額以下になります。
もちろんその代わり移動時間が長くなるというデメリットを受け入れなければなりません。
それでは、高速バスは安い代わりに辛いだけの交通手段かと言うとそうでもありません。
高速バスのメリットは、なんといっても夜行バスがあるということです。
もし次の日朝早く旅行先で活動したいなら、飛行機や新幹線に夜行はないので前日入りしなければなりません。
そうすると旅行先でホテルを予約することになります。
つまり飛行機や新幹線のチケット代+宿泊費がコストとしてかかります。
しかし夜行バスの場合は寝ながら移動して現地に早朝に着くことができます。
それなのにかかるコストはバス代(交通費)だけです。
飛行機や新幹線で行くけど宿泊費をかけたくない場合は、飛行機や新幹線の始発便で行くことになりますが、そうするとどう頑張っても旅行先に着くのは午前9時か10時ぐらいになるでしょう。
そうやって考えると費用面でもメリットがあるし、朝7時ぐらいに旅行先に着くことができるので旅行先で忙しく行動しなくてもいい高速バスは 、交通費以外のメリットも大きいと言えます。
まあ、もちろん全ての人が高速バスで完全に熟睡できるわけではないので、旅行日程に余裕がある時や、ある程度体力に自信があるという条件付きですが、とにかく高速バスはただ安いだけではないというのは頭に入れておいた方がいいです。ミュゼ 予約方法