朝の通勤ラッシュの時間に電車に乗るといつも思うのですが、始発駅から立ち客が居るくらいなんだから車両を増やしてもらえないのでしょうか。
電車に乗っていると本当にいろんな人がいます。スペースを使わないように鞄を尻に敷いてくれるマダム、その隣でガッツリメイクしていくOL、車内で仕事の資料を見るビジネスマン、スマホとにらめっこの大学生。電車の中って結構社会の縮図ですよね。
不思議に思うのは、これほどたくさん人が密集していて、だれとも視線が合わないことです。珍しく目が合うときまずくなるくらい、目が合うことはありません。睨みを利かせている、と勘違いされると喧嘩やトラブルの元ですから、ある種、平和に過ごすための術なのでしょうか。
人に関心を持たない、関与しない。そうすればトラブルは確かに発生しませんが、マナーの指導みたいなことは誰かやってくれても良いような気がします。まあ、そういう自分も人に注意する勇気なんて無いんですけどね。脱毛サロン 都度払い

大変な問題に発展しそうだ。大阪府豊中の森友学園問題は日本国の政治主導を握る、安倍内閣をも揺さぶり始めている。一体何が起きているのか?ここまでくると徹底的な真相究明をして欲しくなる。大阪府の問題だからと高みの見物をしてた。ところが、日本国民の税金が知らないうちに無断で、しかも無駄に使われている事実を知ったからには野次馬で傍観している訳にはいかない。俺たちの税金だ!。教育勅語まで持ち出し、美しい日本国を創る為に幼い子供達を親や教育者の理想の名の元に洗脳しようとしている。理事長の籠池氏が造ろうとした学校施設も土地の不適切な購入経路と購入価格、そして汚染土壌の処理方法の杜撰さを指摘され、ついには建築認可申請の取り下げにまで追い込まれた。一旦は、誰の性でも無く全ては籠池氏本人の責任である、と言い切った。ところが本来は味方である筈の籠池氏を取り巻く人脈が掌を返すように裏切りを始めた。それぞれが、己の保身を考え始めてトカゲの尻尾切りに動いた。目を覚ましたのが籠池氏だ。ここで反撃に転じた。国会での証人喚問に応じる発言をした。そして与党・野党で合意が図られ3月23日に証人喚問で出頭することになった。恐らく自民党内でも賛否は分かれた筈である。若しかしたら、政局に発展している可能性もあるかも知れない。こんな事で安倍政権に危機が訪れるとは誰も思っていなかった筈である。針の先ほどの小さな穴でも、僅かに開くと風船は間違いなく破裂するでしょう。今もあの幼稚園児たちは安倍総理頑張れ!と言っているのであろうか。可愛らしい淀みのない声が耳に残って離れない。お金借りる 夜

急に仕事が忙しく手が回らなくなったから1週間だけでもアルバイトに来てくれないかなとちょっとうれしい連絡が友達の会社から入りました。私の場合、体調が安定していないため長期での仕事は残念ながらしていません。このような話は私にとって、渡りに船といったようなものなのです。無理せずでいいよと言ってくださるので感謝してもしたりないくらいなんです。頼まれた会社のほうも長期だと困るといったようなので私にはとてもラッキーな仕事なんです。恵まれすぎているので申し訳ないぐらいです。あれよあれよと年末に1週間ほど仕事をしてお小遣い稼ぎをすることができ先ほどまで仕事を終えた安ど感に浸っていました。ところがそれも束の間、けたたましく家の電話がなったのです。誰かと思えば近所の出来事を把握していないと気が済まない奥様でした。話は何のことはなくリンゴ食べてくれないかとのこと。結局我が家に来て1週間いなかったけど忙しそうねですって。私も悪いことしていないので仕事していたことを話すと、納得し帰っていきました。何に納得したか定かではありませんが。疲れるだろうなと感じました。