4年間を無駄にした日本サッカーにまた冬の時代がやってくる

サッカー日本代表チームの最後の国内テストマッチは0?2でガーナに完敗しました。ワールドカップは、もうすぐ来月6月14日に開幕し、日本は6月19日のコロンビア戦が最初の試合となります。それにしてもです。あの酷い内容の試合の後で大丈夫なの?って思うのはこれ仕方のないことだと思うのです。まー日本が優勝するというのはまずないことなので、(サッカーのワールドカップで優勝した国は8カ国しかありません。その国はブラジル、ドイツ、アルゼンチン、ウルグアイ、イタリア、イングランド、フランス、スペイン の8カ国です。)そこまで期待はしていないのですが、最低予選リーグを勝ち上がって欲しいと思うのは、サポーター?としてささやかな希望だと思うのです。それが直前に、「こんなレベルの低い代表チームってこのところ見たことないけど」と思ってしまうほどの悲しい試合を見せられると、あー今回はダメだよねと思ってしまうのは当然のことと思うのです。こんなチームで、地区予選を突破したハリルホッジは仕事人でしたね。ハリルの骨太のコンセプトが崩壊し、ハリルがいなくなってこれで良しとそれを言葉に出す、勘違いした選手がいる現状に、これはこの先また冬の時代がやってくると思うのです。というわけで、今回のメンバーを一度リセットし、4年後に向けて、新しい才能で日本代表を作り上げて欲しいと思うわけです。でも誰がそれを?そんな人いるだろうか?銀座カラー 口コミ